DRIFIRE OUTDOOR

DRIFIRE OUTDOOR

JP | EN

COPYRIGHT(C) DRIFIRE OUTDOOR ALL RIGHTS RESERVED.

DRIFIRE OUTDOOR
DRIFIRE OUTDOOR
DRIFIRE OUTDOOR
DRIFIRE OUTDOOR
DRIFIRE OUTDOOR

YOU ONLY HAVE ONE SKIN.

YOU ONLY HAVE ONE SKIN.

炎から大切な肌を守る

アウトドアシーンでの火傷のリスクを想定し、あなたの大切な肌を守る次世代型難燃素材。Outdoorは自然との調和を心から楽しみたいユーザーの思いが詰まったミリタリーオリジンのブランドです。

scroll

OUR TECHNOLOGYHYBRID FR

OUR TECHNOLOGY
Drifire Outdoorの
難燃素材「Hybrid FR」は
アウトドアの火のリスクに着目

難燃素材「Hybrid Flame-Resistant」は、生地に後処理加工などを施さず、繊維自体に難燃機能が備わっているのが特徴。その素材の独自のはたらきによって、洗濯しても難燃性能が落ちることはなく、機能が長く保持されます。溶けない、炭化する、瞬時に自己消火するといった三つの特徴を持つ特殊素材です。

OUR TECHNOLOGY
ABOUT Hybrid FR

ABOUT HYBRID FR

  • FEATURE1

    NO MELT / NO DRIP火があたっても解け落ちない

    素材に着火すると、炎が自己消火する性質を持っています。その炭化部分が延焼を防ぎ、火源がなくなると燃焼が止まります。ポリエステルやナイロンなどの溶融繊維とは異なり、素材が燃えても溶け落ちて皮膚に付着しないため火傷のリスクを下げる事が出来ます。

  • FEATURE2

    SELF-EXTINGUISHING自己消火する

    Drifire Outdoorの難燃素材に使用されている繊維は、この繊維独自の機能により炎への酸素供給を遮断する作用があります。火源を離すとすぐに燃焼がとまる自己消火性を有しているため、炎が燃え広がり大惨事となるリスクを回避することができます。

  • FEATURE3

    INHERENT FR素材自体が燃えにくい

    Drifire Outdoorは繊維そのものが難燃性を有するからこそ、後処理加工が施された難燃繊維とは異なり洗濯によって機能が衰えたり、失われたりすることがありません。あなたのアウトドアシーンのパートナーとして長く愛用できることでしょう。

信頼の難燃性を示す
一般的な生地との燃焼比較試験

Drifire Outdoorの難燃性を示すため、Drifire Outdoorと一般的な生地に着火し、どのように燃え広がるかを検証いたしました。Drifire Outdoorは自己消火する素材の性質がはたらき、煙を上げながら炭化することで徐々に炎がおさまるのが分かります。それに対し一般的な生地は、着火した瞬間から炎が広がり延焼を続けています。

PRODUCT CASE STUDY

CASE STUDY#1JERSEY

難燃性能と吸湿速乾機能を有し
特許取得技術を用いたジャージーニット

PRODUCTS EXAMPLE

ベースレイヤー/肌着
Tシャツ

JERSEY
JERSEY

PRODUCTS EXAMPLE

ベースレイヤー/肌着
Tシャツ

CASE STUDY#2DENIM/HICKORY

軽量、速乾性に優れた
本格派デニム&ヒッコリー

PRODUCTS EXAMPLE

デニムジャケット、パンツ
オーバーオール
キャップ
焚き火バック

DENIM/HICKORY
DENIM/HICKORY

PRODUCTS EXAMPLE

デニムジャケット、パンツ
オーバーオール
キャップ
焚き火バック

CASE STUDY#3WOVEN

引火のリスクと着心地を計算し
安全・快適に過ごせる織物生地

PRODUCTS EXAMPLE

マウンテンジャケット
軽量アウター
チノパン
テント

WOVEN
WOVEN

PRODUCTS EXAMPLE

マウンテンジャケット
軽量アウター
チノパン
テント

CASE STUDY#4FLEECE

火の粉に強い
秋冬に活躍するフリース

PRODUCTS EXAMPLE

ジャケット
パンツ
靴下
ブランケット

FLEECE
FLEECE

PRODUCTS EXAMPLE

ジャケット
パンツ
靴下
ブランケット

CASE STUDY#5FLANNEL

柔らかくぬくもりを感じさせる
難燃性のフランネル

PRODUCTS EXAMPLE

シャツ
ブランケット
手袋

FLANNEL
FLANNEL

PRODUCTS EXAMPLE

シャツ
ブランケット
手袋

ABOUT DRIFIRE

自然との調和を心から楽しむためのアウトドアブランド

米国発ミリタリー発祥の
本格派難燃素材Drifire Outdoor

Drifireは2003年、イラク武装解除を理由に米・英・豪の連合軍が軍事介入をおこなったことがきっかけで開発されました。当時イラク軍側は殺傷能力の非常に高い即席爆発装置(IED)を開発し、それを誤って起爆させてしまった米兵が死傷する事態が多く生じました。当時米兵が着用していたポリエステルベースのインナーは、極めて高温の爆発照射に耐えきれず、熱で素材が溶けてしまうことで人体に大火傷をもたらすというデメリットがありました。
このような致傷をなくすために生まれたのがDrifireです。Drifireは高温の爆風や爆炎を受けても炭化し、自己消火する性質を持っています。また溶融性のある素材は使用せず、その代わりに天然繊維調の素材と難燃性の合成繊維であるモダアクリルを混ぜ合わせることで、溶けにくく燃えづらい素材を開発することに成功しました。
以後、Drifireを使用したアイテムを米兵が着用することでIEDの不慮の起爆でも負傷度合いを減らせることが実証されました。現在、Drifire製品の技術は米兵向けのインナーに限らず、工業防護服などの分野でも多くの製品に採用されており、米国発の「安心・安全」を備えたミリタリーブランドとして認知されています。
Drifire Outdoorはミリタリー/工業防護服の求める高い性能をアウトドアシーンに適切に落とし込んだラインとなっています。

自然との調和を心から楽しむための
アウトドアブランド

自然と触れ合うアウトドアシーンでも、火のリスクは存在します。焚き火やバーベキューなど、家族や友人、大切な人と過ごす場面だからこそ、火傷などの不安を払拭できれば心から楽しむことができます。
Drifire Outdoorは、Drifireの持つミリタリー/工業防護服向けの高い性質をアウトドアシーン向けに設計した、スペシャルラインです。アウトドアシーンでの火のリスクを想定した上で、着火しても素材が溶けない、炭化する、瞬時に自己消火するという性能を備えているのが特徴です。また生地での後加工はせず、繊維自体が難燃性を有するため、洗っても性能が劣化することがなく、耐久性もあり長く使用することができます。
「安全・安心」であることはもちろん、アウトドアウェアとしての機能性や快適性を計算し、さまざまな質感や特性を持つ生地を展開するDrifire Outdoor。人間の肌はたった一枚(You Only Have One Skin)-替えの利かない肌を大切にし、自然との調和を楽しみたいユーザーの想いが詰まったブランドです。